登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
21 March 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:サウサンプトンの新鋭に照準

マンチェスター・ユナイテッドがサウサンプトンの新星アレックス・オックスレイド・チェンバーレインに計1000万ポンド(約13億万円)のオファーを用意している。元イングランド代表ウインガーのマーク・チェンバーレインを父に持つ17歳は、アレックス・ファーガソン監督が今夏の新戦力としてピックアップした選手の一人。サウサンプトンにはまず500万ポンド(約6億5000万円)が支払われ、残額はその後の活躍に応じて支払われる見通しだ。10代の選手としては史上最高額となるため、アーセナルと争奪戦を繰り広げるユナイテッドは獲得に自信を持っている。内部関係者によると、ファーガソン監督は数カ月前から同選手をチェックしており、アーセナルを出し抜くために「全力を尽くした」と言う。移籍が決まった場合、サウサンプトンはチェンバーレインをレンタルバックしたい意向だが、ユナイテッドは来季のトップチーム入りも見据えて直ちにプレーさせることを望んでいる。チェンバーレインと父親も交渉の席につくことを考えており、ファーガソン監督は数週間以内に契約をまとめたいとのこと。
アラン・ニクソン記者、デイリー・ミラー紙

一方『デイリー・スター』紙は、ブライアン・ロブソンがユナイテッド・サポーターに宛てたメッセージを掲載。咽頭がんの手術を受けたロブソンは、多くのファンから届いた激励に「本当に大きな意味がある」と述べた。19日のボルトン戦でも、キックオフ直後にストレットフォード・エンドからロブソンの名前がコールされている。

元リヴァプールのジェイミー・レドナップは、『デイリー・メール』紙のコラムでファーガソン監督を称賛した。「私もマンチェスター・ユナイテッドには何度となく苦い思いをさせられた。このチームには、最後まであきらめずに戦い抜く姿勢が浸透している。ファーガソン監督は攻撃的な選手を投入する賭けに出て、見事に勝利をたぐり寄せた。選手たちは結果を残し、監督が流れを変えた」

ページ 1 / 2 次へ »