登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
17 March 2011 

新聞:ユナイテッドに忠誠誓うルーニー

ユナイテッドへの忠誠を誓うルーニー
ウェイン・ルーニーが30歳になってもユナイテッドの選手であり続けるという考えを示した。昨年からユナイテッドを去るという噂がありながら、契約を更新をし、週給16万ポンド(約2000万円)の5年契約を結んだ。ただし、サポーターの中には、この契約は一時的なものにすぎず、今夏にもユナイテッドを去るのではないか、との報道を信じている者もいる。それでもルーニーはこう語った。「監督との関係は悪くいし、何の問題もない」。新たな移籍報道については「頭にきたね。何しろ、この前の日曜日に練習から帰る途中に寄ったガソリンスタンドでそんなことを初めて知ったんだからね」と続けた。「自分が去年にユナイテッドを去る寸前だったという記事を見た人から、『本当か?』と訊かれてね。でも、僕はユナイテッドに居続けたい。少なくとも30歳になるまではね」
マーク・オグデン記者、デイリー・テレグラフ紙

複数の新聞が、アレックス・ファーガソン監督の5試合ベンチ入り禁止処分のニュースと、リヴァプールDFジェイミー・キャラガーから悪質なタックルを受けて負傷したナーニのコメントを紹介した。『サン』紙は「キャラガーは試合後に謝りに来た。でも、嬉しくはないね。これで彼から受けるタックルで負傷したのは2度目。最初の負傷では2カ月もプレーできなかった」というナーニの言葉を伝えた。

また各紙はガンの手術を受けたユナイテッドの伝説的選手、ブライアン・ロブソンに向けて励ましのメッセージを掲載している。

Round Up By Adam Bostock

【関連記事】
輝き始めたエース 
驚異的な回復力のナーニ