登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
22 March 2011 

新聞:ホールデンが謝罪を受け入れ

ボルトンのステュアート・ホールデンジョニー・エヴァンスから受けたタックルによってひざを負傷し、約6カ月間の離脱となった。一方、ホールデンにけがを負わせて一発退場となったエヴァンスは、ホールデンに謝罪。ホールデンはそれを受け入れ、エヴァンスが故意に負傷させたのではと述べた。「ジョニー・エヴァンスから電話をもらったよ。早い回復を祈っているとね。彼は故意にけがをさせたわけじゃない。試合の中で偶然、起きてしまったことなんだ」

デイヴィッド・マクドネル記者、アラン・ニクソン記者、デイリー・ミラー紙

『デイリー・メイル』紙はユナイテッドのGKコーチ、エリック・スティールが、先週末にレネ・アドラーとマヌエル・ノイアーが対戦したレヴァークーゼン対シャルケ戦を視察したと報じている。

『インディペンデント』紙のジェームズ・ロウトン記者はアレックス・ファーガソン監督を称賛し、次のような記事を掲載した。「69歳になるファーガソン監督はその功績を称えられるべきだ。彼はセント・ミレン、アバディーン、ユナイテッドで33のタイトルを獲得した。そして今も新たなタイトル獲得に向けてチームを指揮している。さらにまたプレミアリーグ、チャンピオンズリーグを制したならば、彼の功績はより揺るぎないものとなるだろう」

Round Up By Nick Coppack

【関連記事】
レッドカードに異議なし