登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
16 March 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:輝き始めたエース

輝きを取り戻したエース、ルーニー
今シーズン、低調に苦しんできたユナイテッドのエース、ウェイン・ルーニーだが、重要な時期を迎えた今、本来の力を発揮し始めている。15日のマルセイユ戦で、けが人が続出するチームを盛り上げ、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝へと駒を進める大きな役割を果たしたのは、悩める天才、ルーニーだった。試合後、ルーニーは次戦の対戦相手がどこになろうと関係ないと力強く語り、自身とアレックス・ファーガソン監督の関係も含めてチームは最高の雰囲気の中にあると強調した。シーズン初めにはファーガソン監督からプレーすることを楽しむよう助言を受けたというルーニー。トレブル達成がかかった今、チームにはエースの輝きを必要となる。好調のルーニーのはたらきがあれば、ユナイテッドには不可能なことなど何もないだろう。マルセイユ戦で輝く笑顔をカメラに向けるヒーローの姿があった。
ニール・カスティス記者、サン紙

マルセイユ戦の勝利への一番の功労者であるチチャリートが、各紙で称賛を受けている。『テレグラフ』紙のジム・ホワイト記者は、「小さな豆という意味のニックネームを持つメキシコ人ストライカーは、早くも大きな力を見せ付けている」と綴っている。

『ミラー』紙は、イングランド代表のファビオ・カペッロ監督が、負傷中のリオ・ファーディナンドに変わり、ジョン・テリーにキャプテンを任せるだろうと報じられた後で、改めてファーディナンドが真のキャプテンだと語ったと伝えている。

『ミラー』紙はまた、アンデルス・リンデゴーアがひざの手術のため5週間、戦列を離れると伝え、『サン』紙は、ユナイテッドが獲得を狙っているとされるアシュリー・ヤングがアストン・ヴィラを去りたいと親しい友人に語ったと報じている。

Round Up By Steve Bartram

ページ 1 / 2 次へ »