登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
23 March 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:デ・ロッシが移籍に傾く

デ・ロッシ、ユナイテッド移籍を希望

ダニエレ・デ・ロッシの代理人が、マンチェスター・ユナイテッドに1800万ポンド(約24億円)での移籍を打診した。イタリア代表として63キャップを誇る27歳は、子供時代から応援してきたローマを離れることを考えているようだ。この3年、義父がギャング抗争で銃殺され、妻のタマラさんと離婚するなど、サッカーに集中しづらい状況が続いていた。もともとユナイテッドはレアル・マドリーと同様にデ・ロッシに関心を示していたが、これまで本人に自身のキャリアの出発点であるクラブを離れる考えはなかった。また、実父アルベルトはローマのユースチームを指導している。ところが、最近になって事態は急変。環境を変えて出直したいと願うデ・ロッシから、両クラブに移籍の意向が伝えられた。マドリーのジョゼ・モウリーニョ監督は、シャビ・アロンソのパートナーにデ・ロッシを検討している模様。一方、アレックス・ファーガソン監督は今夏、戦力補強に必要な資金を与えられる予定で、特にポール・スコールズの代役探しはGK、CBの獲得とともに最重要課題となりそうだ。若手を育てて高値で売るというユナイテッドのスタイルには年齢的にも価格的にも適さないが、その資質の高さはセントラルMFのレギュラーを近年固定できずにいるファーガソン監督を動かすかもしれない。
ロリー・スミス記者、デイリー・テレグラフ紙

『テレグラフ』紙によると、ファーガソン監督はシャフタール・ドネツクのダグラス・コスタとブラックプールのチャーリー・アダムも新戦力候補に入れている。

『デイリー・メール』紙は、ガラタサライがGKトマシュ・クシュチャクを狙っていると報じた。ユナイテッドへの移籍候補については、同紙は先週クラブに来て練習していたデスポルティボ・ブラジルのMFラファエル・レアロ(17)、そしてウニベルシダード・デ・チリのチリ人FWアンヘロ・エルナンデス(16)を挙げている。

ページ 1 / 2 次へ »