登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
03 June 2011 

新聞:交渉長期化の可能性も

交渉は長期化の可能性も
ユナイテッドはMFアントニオ・バレンシアとの契約交渉をスタートさせたが、肖像権を巡る主張により交渉が難航していることがわかった。
エクアドル出身のウィンガーは、2009年6月にウィガンから4年1600万ポンド(約21億円)でユナイテッドに移籍。ちょうど2年目の契約を終え、新たに契約延長の交渉を開始したが、バレンシアの代理人が再契約に肖像権の支払いを盛り込むことを要求。これに対しCEOのデイヴィッド・ギルは、この主張を却下。ギルは、それでもバレンシア(25歳)側と折り合いを付けられると楽観視していると伝えられている。
クリス・ウィーラー記者、デイリーメール紙

また移籍の噂について各紙が予想を展開。『サン』紙では、ウェズ・ブラウンの獲得にボルトンとサンダーランドが関心を示していると伝え、『ミラー』紙ではは、アレックス・ファーガソン監督がインテルのウェスレイ・スネイデルを獲得しようとしていると報じた。

その他、チャンピオンズリーグ決勝戦の敗因について、ファーガソン監督が、バルセロナの若手選手の育成と比べ、チームの育成方針に欠点があると指摘していると伝えられた。

【関連記事】
新聞:パクが契約延長を希望