登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
10 June 2011 

新聞:ナスリ獲得に向け本格始動

移籍金 1 千万ポンドの準備が整う
ユナイテッドが以前から補強リストに挙げていた、アーセナルのサムリ・ナスリ獲得のため、1千万ポンド(約13億円)を支払う準備を整えたと報じられた。『ミラー』紙によれば、2011-12シーズン終了後に契約を満了するナスリ獲得にユナイテッドも自信を見せているとされ、仮にこの話が成立すれば、アーセン・ヴェンゲル監督が激高するだろうと伝えている。
現時点では、ユナイテッドがナスリの代理人であるジャン・ピエール・バーンズと交渉しているという情報はないが、ナスリ本人がアーセナルとの契約延長に難色を示し、今夏中の移籍を希望しているということから、王者が本格的に獲得に向けて動き始めたという見方もされている。
デヴィッド・マクドネル記者、ミラー紙

『デイリーメール』紙では、ユナイテッドがアストン・ヴィラのアシュリー・ヤングとの契約を48時間以内に締結すると報道。
『インディペンデント』紙でもナスリの移籍に関する記事が掲載されたが、こちらでは移籍金は800万ポンド(約10億5千万円)になると伝えた。

そして『テレグラフ』紙では、今夏中にヤング、フィル・ジョーンズ(ブラックバーン)、ダビド・デ・ヘア(アトレティコ・マドリー)がユナイテッドと契約濃厚ということを踏まえ、1995年にマーク・ヒューズとアンドレイ・カンチェルスキスが退団し、ポール・パーカーがチームを離れることを示唆し始めた年以来となる大型補強になるとし、アレックス・ファーガソン監督がチームの大改革を断行するという記事を掲載した。

【関連記事】
新聞:ナスリの行き先はどこ?