登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
21 June 2011 

新聞:ジョーンズ「待ち遠しい」

ジョーンズとスモーリングが活躍を誓う
先日ユナイテッドに移籍したフィル・ジョーンズは、イングランドU-21代表でコンビを組んだクリス・スモーリングと共に、DFの中心となれるよう、目の前のチャレンジに挑むことを誓っている。
イングランド代表はU-21欧州選手権の予選ラウンドで敗退したが、ジョーンズは予定より早めの休暇となったことにも同じず、まずは休養を最優先するとしている。
「まずは身体を休めて、少しの間だけ楽しい時間を過ごしたい。ファーガソン監督とも話し合いをしたいね。ユナイテッドは誰もが知っているクラブだし、今回の移籍は自分にとっても大きな挑戦。新チームでの始まりが待ち遠しい。監督は若い選手を起用することを躊躇しないし、もしチャンスを与えてもらえたら、結果を残すだけの自信はあるよ」
サイモン・バード記者、ミラー紙

移籍関連の噂が静かな1日となったが、『タイム』紙では、リーズ・ユナイテッドがユナイテッドGKのトマシュ・クシュチャクの獲得を狙っていると報道。リーズは、GKのカスパー・シュマイケルをレスター・シティーに移籍させることに合意したと伝えられた。

『デイリー・スター』紙では、フランスのパリ・サンジェルマンが、移籍金1000万ポンド(約12億9千万円)でディミタール・ベルバトフの獲得を希望していると伝えた。
『デイリーメール』紙は、ウディネーゼのアレクシス・サンチェスに対し、バルセロナが、ユナイテッドとシティーが提示しているとされる2700万ポンド(約35億円)にマッチしない意向であると伝えた。しかし同紙では、チリ人FWの希望はカンプ・ノウ(バルセロナの本拠地)でプレーすることとし、代理人がウディネーゼに、希望チームへの移籍が円滑に進むよう求めていくという記事を掲載した。

【関連記事】
ジョーンズ「生涯1度のチャンス」