登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
18 August 2011 

新聞:チチャがデ・ヘアに助言

ハビエル・エルナンデスは外国人プレーヤーとして、プレミア・リーグに適応する難しさについて語った。
エルナンデスのチームメート、ダビド・デ・ヘアはユナイテッド加入後、試合でのいくつかのミスにより正GKとしての立場を問われ、困難な状況に直面している。
アメリカでのプレシーズンツアー中に脳震とうを起こし、延長していた休暇から来週トレーニングに戻る予定のエルナンデスは、デ・ヘアにとって英語を話せることは大きな強みだと助言。更に、「海外で暮らすということは、いつだって困難を伴うけど、僕の場合は父と姉妹が一緒に引っ越してきてくれたことはとても助けになったよ」、「最初から多少は話せたけど、少しずつ上達しているよ。英語を理解するということは、チームメートとコミュニケーションを取る上でとても重要だ」と語った。
デイヴィッド・マクドネル記者、ミラー紙

リバプールのGKぺぺ・レイナもまた、同じスペイン人GKとしてデ・ヘアにアドバイスを送っている。
「直接デ・ヘアのことは知らないんだけど、何回か対戦したことはあるよ。必要なら共通の友人を通して連絡をくれたっていい」と話したと伝えられた。

また『サン』紙では、リオ・ファーディナンドが自身の欠場中に出場機会を得る若手の活躍を後押ししたという記事が掲載された。

【関連記事】
新聞:元守護神がデ・ヘアに太鼓判