登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
01 June 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ナスリ獲得失敗!

アーセナルがユナイテッドへのナスリ放出を完全否定
アーセン・ヴェンゲル監督は、チームとの残留交渉が行き詰まっていたサミル・ナスリをユナイテッドに放出することを全面的に否定。2008年の夏、マルセイユからアーセナルに1580万ポンド(約21億円)で移籍したフランス人MFに対し、ユナイテッドが関心を示していると先日報じられた。その後フランス代表でチームメートのパトリス・エヴラも、オールド・トラッフォードで共にプレーすることを熱烈に勧誘したが、ヴェンゲル監督はフランスのラジオ番組に出演した際、「ユナイテッドには放出しない」と明言。
金銭面での折り合いが付いていないとしながらも「われわれは今もナスリと契約について交渉中」と語り、ナスリとの契約延長を希望していると伝えられた。
ドミニク・フィフィールド、ガーディアン紙

『ミラー』紙では、アストン・ヴィラのアシュリー・ヤングの移籍金が1200万ポンド(約16億円)近くになると報道。本人の「チャンピオンズリーグ出場権を持つチームでプレーしたい」というコメントを掲載した。ユナイテッドへの移籍が濃厚とみられる一方、リヴァプール行きの可能性もあると伝えられている。

ウェイン・ルーニーがTalkSportのインタビューに答え、今夏チームが補強に大金を投じるとコメント。『タイムズ』紙では、マイケル・オーウェンがユナイテッドとの契約延長に合意したことにより、ディミタール・ベルバトフ退団の可能性が高まったと伝えた。

そして『インディペンデンス』紙では、ベテランのライアン・ギグスがチャンピオンズリーグ決勝後に現役を引退するべきだったとのコラムを掲載。ジェイムス・ロートン記者は、「チャンピオンズリーグ決勝こそ、シーズン最大のチャレンジで、ギグスの力が必要だった。しかし、彼はプレーは精彩を欠いていた」と主張した。

ページ 1 / 2 次へ »