登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
20 July 2011 

新聞:一難去ってまた一難

ユナイテッドもキャンベル獲りに名乗りか !?
またしてもアーセナルがユナイテッドの影に脅えることになるかもしれない。
ガナーズ(アーセナルの愛称)は、コスタリカ出身ストライカーのジョエル・キャンベルと契約成立間近とみられていたが、ここにきて、キャンベル(19歳)本人と父親が、他チームを含め、再検討するという意思を表明。その他のチームの中には、ユナイテッド、そしてディナモ・キエフも含まれているとみられている。
父親は、「現時点でアーセナルと契約することはない。他チームからもオファーが届いているため、検討している段階。次のワールドカップ後に交渉をしようと思っている」とコメントしたと伝えられた。
メトロ紙

『スター』紙では、アーセナルがサミル・ナスリに1年600万ポンド(約7億6300万円)のオファーを提示と報道。また、トッテナムがMFのルカ・モドリッチを手放す意思が無いことを表明という記事を掲載した。

その他『ガーディアン』紙では、アレックス・ファーガソン監督のコメントを掲載。監督は、ディミタール・ベルバトフが先発確定でないことにフラストレーションを溜め込むことになるかもしれないということに触れ、「理解は出来るが、それは他の選手にとっても同じ事。私は毎週同じメンバーを選択しないだろ?ここ3シーズンを通しても、固定メンバーで試合に臨んだことは一度しかない。選手達からすれば、試合に出られなくてフラストレーションを溜めるだろうが、最終的には、この起用法がチームの結果に繋がることになる」と語った。

【関連記事】
新聞:アーセナル衰退は近いか!?