登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
19 August 2011 

新聞:元コーチが若手コンビを評価

11 年組の可能性を賞賛
元ユナイテッドコーチとして、デイヴィッド・ベッカムライアン・ギグスガリー・ネヴィルニッキー・バット、ポール・スコールズらいわゆる”92年組”を育てたエリック・ハリソンが、トム・クレヴァリーダニー・ウェルベックのポテンシャルを高く評価している。
「ウェルベックに関しては、サンダーランドでスティーヴ・ブルースが本当に良い指導をしたんだろう。スピードとボールのキープ力が断然良くなった。クレヴァリーも同様に成長の跡が見えるし、『この3、4年で彼は非常に素晴らしい選手になる』とファンには言い続けてきた。彼ならば、たとえ92年組の全盛期に一緒にプレーしたとしても、必ず台頭したはずだ」
ピーター・スペンサー記者、M.E.N

新加入DFのフィル・ジョーンズは『ミラー』紙に対し、開幕戦で負傷したリオ・ファーディナンドネマニャ・ヴィディッチに代わるCBコンビとして、自身とクリス・スモーリングのコンビを起用するよう、アレックス・ファーガソン監督に強く訴えた。
「僕とクリスは、U-21イングランド代表でも一緒にプレーして、何試合かで無失点に抑えているし、お互いに試合の展開を読むことに優れている。これはCBにとっては必須の能力だと思う」と、ジョーンズは語ったと伝えられた。

また『デイリースター』紙では、ファーディナンドが試合に負けた時、悔しい気持ちのままクラブハウスを出る理由を明かしている。

【関連記事】
ジョーンズが今季の意気込みを語る