登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
22 August 2011 

新聞:エコトがユナイテッドを警戒

ブノワ・アス・エコト「ユナイテッドは手強い」
トッテナムDFは、ユナイテッドとの今シーズン初対戦を前に、率直な気持ちを述べた。エコトは昨シーズン王者のユナイテッドについて、早くもリーグ敵無し状態に近付いたとコメント。27歳のエコトは、決して試合前から敗北を認めたわけではないとしているが、ユナイテッドは厳しい状況に陥っても強いチームと分析している。今回の試合では、リオ・ファーディナンドネマニャ・ヴィディッチが負傷により欠場となるが、「特に厄介なのは、ユナイテッドは中心選手がいなくても良いプレーが出来るということ。負けないし、最悪の場合でも0-0か1-1のドローということが多い。出来れば自分達にとってイージーな試合になれば良いが、そうはならないだろう」と、エコトは語った。
イアン・ムルタフ記者、デイリースター紙

『サン』紙では、スパーズのハリー・レドナップ監督がオールド・トラッフォードの試合を特に気に入っていると語ったコメントを掲載。レドナップ監督はシアター・オブ・ドリームス(オールド・トラッフォードの別称)での過去13戦で1度も勝利を記録していないものの、次のように同会場での試合について説明している。
「選手達には、素晴らしいスタジアムでの試合を楽しむように伝えている。たしかにオールド・トラッフォードとの相性は良くないが、他チームの監督と同様、勝ちにいく姿勢は変わらない」

【関連記事】
監督「論争を望んではいない」