登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
27 July 2011 

新聞:ブラウン「解放された気分」

ブラウン「前に向かって進める」
サンダーランドに移籍したウェズ・ブラウンは、アレックス・ファーガソン監督から移籍成立を伝えられた時、内心ホッとした自分がいたと語った。
ユナイテッドの生え抜きであるブラウンは、通算361試合に出場したものの、ここ2年はレギュラーの座を完全に失っていたため、移籍が新たなチャンスを与えてくれると、前向きな気持ちでいるという。
「監督から移籍を伝えられて、ホッとした部分もあった」とブラウン。「昨シーズンは出場機会も無かったし、こうなるのはわかっていた。自分がユナイテッドに残る意味を探すことも難しかった。ただ、最終的に監督から伝えられるまでは、認めたくはないという自分もいたけどね。実際問題、何かを変える必要があったのは間違いない。自分の周りで何が起こっているかを考えるのは、自然だった。だから、監督から話があった時はサプライズでも何でもなかったね。常に自分でも考えていたから」と続けた。
デイリー・テレグラフ紙

同紙では、ユナイテッドのデイヴィッド・ギルCEOがMUTVの取材に応えた記事を引用し、インテルのウェスレイ・スネイデル獲得に向け、最後の一押しを行なうだろうとの記事を掲載した。

『インディペンデント』紙では、昨今のスカウトについての特集を組み、ユナイテッドがチバスからハビエル・エルナンデスの獲得に踏み切った手腕を称えた。

【関連記事】
ブラウンがサンダーランドに移籍