登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
12 January 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:新星MF獲得めぐり火花

移籍金1000万ポンドの新星獲得にリヴァプールとユナイテッドが火花
リヴァプールがサウサンプトンのMFアレックス・オックスレイド・チャンバーレインの獲得に動いている。ユナイテッドもこの17歳の新星の獲得を狙っており、リヴァプールの戦略担当者ダミアン・コモッリが観戦した、11日にチャンバーレインのゴールも含めて6-0で大勝したオールダム戦のスタンドには、アックス・ファーガソン監督の姿もあった。サウサンプトンが提示している移籍金は1000万ポンド(約1億2990万円)で、リヴァプールはここ数週間観察を続けている。またチェルシー、トッテナム、アーセナルもチャンバーレインに興味を示している。
デイリー・ミラー紙

アレックス・ファーガソン監督は、USラジオ・Sirius Xmのインタビューで、選手とのコミュニケーションの取り方について語った。「選手を納得させるにはいくつかポイントがある」とし、「まずは選手に、ベストの状態でチームを組むというユナイテッドの方針を理解させることが大切だ。ベンチから外れた選手にはその意図や理由をきちんと説明する。選手自身が何か意見を持っているなら、それについて話し合うことも必要だ。そうすれば選手たちは次の試合への出場に向けて準備に励むんだ」と語った。

マイケル・オーウェンが、イングランド人として次にバロンドールを受賞するのはウェイン・ルーニーだと予想している。本年度の受賞はリオネル・メッシだった。オーウェンは、「イングランドからも受賞者が出るだろう。ウェインはまだ十分若いし受賞に値する。豊かな才能で、チームに勝利をもたらすべく献身的にプレーしているからね」

Round up by Ben Hibbs

ページ 1 / 2 次へ »