登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
04 January 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:監督がストークを擁護

ファーガソン監督がストークの戦いぶりを称賛
アレックス・ファーガソン監督
がホームでのストーク戦を前に、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督を批判した。ファーガソン監督は、ストークのトニー・プリス監督の統率力を称賛すると共に、その戦略について時おり対戦チームの監督たちから上がる疑問符にも触れ、その対処の仕方についても共感を示した。ファーガソン監督は、ライバルチームに対して批判を放つ指揮官の一人として、自身が数年にわたり火花を散らせてきた好敵手、ヴェンゲル監督の名前を挙げた。「激しいプレースタイルを批判する者もいるが、ストークはあくまで戦いの中でベストを尽くそうとしているだけだ。ヴェンゲル監督も彼らを批判することに熱心なようだが、彼の意見は的を射ていないこともあるよ。例えばクリスマス前にオールド・トラッフォードで我々に敗北した後、彼はピッチの状態について文句を言ったんだ。全く理解に苦しんだよ。私は、チームに向けられた批判に対して皮肉たっぷりに応えるトニーのやり方が大いに気に入っている。批判を受ければそれだけ選手たちは奮い立つものだしね」
テレグラフ紙

ストークのトニー・プリス監督がアレックス・ファーガソン監督を「策略家」と表現した。ユナイテッドに所属していたライアン・ショウクロスを獲得する際の契約内容に買い戻しについての条項を含ませていたことを指してのものだ。

『デイリー・ミラー』紙はフェデリコ・マケーダがレンタル移籍で残りのシーズンをイタリア・セリエAのサンプドリアでプレーする可能性が高いと報じた。マケーダにはWBAを含むプレミアリーグの複数のクラブから関心が寄せられていた。

ネマニャ・ヴィディッチは、アウェー戦での成績が芳しくないユナイテッドが、リーグ首位に立っている現状に驚いていると話した。ヴィディッチは「アウェー戦では決して胸を張れるような成績を残せていないが、それでも僕たちは無敗を続けて首位に立っている。さらにレベルの高いパフォーマンスを目指していきたい」と語っている。

ページ 1 / 2 次へ »