登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
03 February 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ネヴィルの進路

クラブはコーチ職をオファー

引退を表明したガリー・ネヴィルにユナイテッドはコーチの職をオファーするだろう。今月36歳の誕生日を迎えるネヴィルは、シーズン終了後に引退すると見られていたが、それを待たずにキャリアを締めくくった。その主な原因となったのは4年間にも渡って戦ってきたけがだった。ユナイテッドのデイヴィッド・ギルCEOは「彼にはコーチとして、もしくは商業面のメンバーとしてクラブに残って欲しい」と語った。しかしながらネヴィルには当然コーチとしての経験はない。それでもアレックス・ファーガソン監督が選手として「彼の世代でイングランド最高の右SB」と高く評価しているネヴィルに対してクラブはコーチのオファーを出すことだろう。
タイムズ紙、ジェイムズ・ダッカー記者

『デイリー・メール』紙のマット・ロートン記者はネヴィルを「激しく燃える闘争心を持つ真のファイター」と評した。『デイリー・スター』紙はネヴィルが将来的にはユナイテッドの監督になるだろうと推測。また『デイリー・テレグラフ』紙はネヴィルがユナイテッドでコーチとなるか、Skyの解説者になるか熟慮するだろうと伝えた。同紙のヘンリー・ウィンター記者は「ガリー・ネヴィルは大きな称賛を受けるべき選手。彼のような選手は2度と現れない」と称えている。

『ガーディアン』紙のリチャード・ウィリアムズ記者は、ネヴィルを「闘争心にあふれる、古風で率直な選手だった。伝説としてファンの記憶に残ることだろう」と評した。

Round Up By Ben Hibbs

ページ 1 / 2 次へ »