登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
02 March 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:審判が犯したミス

アトキンソン主審は間違いを犯した

審判はビッグゲームを左右する判定を下すことがある。残念なことにユナイテッド対チェルシー戦を担当したマーティン・アトキンソン主審は誤審を犯した。頻繁に疑問が残る判定を下した同主審だが、より決定的だったのはユナイテッドに与えられるはずのPKを見逃したことだろう。ジョン・テリーがシュートをブロックした際に犯したハンドは、主審の近くで起きた。一方、クリス・スモーリングの足が軽くかかってユーリ・ジルコフが倒れ、PKの判定を下した際には何の迷いもなかった。確かに、その判定は正しいものであった。しかしそれならば、ダヴィド・ルイスがボールのないところでウェイン・ルーニーに対して危険なプレーを仕掛けていたことを見逃すべきではなかった。試合終盤にネマニャ・ヴィディッチが退場となったことを考えれば、ルイスのプレーも退場に値する。
元審判グレアム・ポール、デイリー・メール紙

『メール』紙は、アンデルレヒトで「デイヴィッド・ベッカム2世」と呼ばれる16歳のウインガー、アドナン・ジャヌザイ獲得のために60万ポンド(約8000万円)を用意するだろうと報じている。また、シャルケから24歳のGKマヌエル・ノイアーを獲得すべく、交渉を続けているとも伝えた。

リヴァプールに加入したFWアンディ・キャロルは1日の練習を全てこなし、週末のユナイテッド戦でデビューする見込み。

チェルシーのカルロ・アンチェロッティ監督はユナイテッドに勝利したにもかかわらず、優勝するのは難しいと考えているようだ。『ガーディアン』紙のポール・ヘイワード記者は、優勝に最も近いのはユナイテッドだが、これからは厳しい試合が続くだろうと伝えている。

ページ 1 / 2 次へ »