登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
23 February 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:スコールズの決断は?

監督がスコールズに契約更新を要請
アレックス・ファーガソン監督
ポール・スコールズを呼んで、あと1年ユナイテッドに留まるよう要請した。36歳のスコールズはここ数週間、長くチームメートとして共にプレーしてきたガリー・ネヴィルが引退を表明する一方で、ライアン・ギグスが契約延長に合意するのを見つつも、自身の去就についてはまだ答えが出せずにいるようだ。スコールズはここのところ出場機会も減少していることから、チームの中にいて自分が十分なインパクトを与えることができるかと疑問に感じているという。しかしファーガソン監督はユナイテッドが攻撃的MFの貢献を高く評価している。「ポールは契約を更新すべきだよ」と監督は語った。「彼のパフォーマンスに衰えなど感じていない。彼自身は全試合に出場しなければという使命感を持っている。その意気は素晴らしいが、年齢を考えればそうもいかない。それでもポールはユナイテッドにとって大きな存在だし、来シーズンもチームに貢献できるはずだ」
デイヴィッド・マクドネル記者、デイリー・ミラー紙

各紙、アレックス・ファーガソン監督が、向こう3週間が勝負の時だと語ったと報じている。「非常に重要な時期を迎えようとしている。4試合をアウェーで戦うことになり、我々にとっては大きなチャレンジだ。ビッグゲームでは選手たちにがっかりさせられることはほとんどない。楽しんで戦いたいと思う」との言葉が掲載されている。

また、マルセイユのディディエ・デシャン監督によるユナイテッドのプレースタイルについての見解も紙面に取り上げられている。「ユナイテッドは我々がこれまで戦ったチームと比べると、それほど派手さはない。しかし見栄えのよいチームが必ずしも勝つとは限らないからね」

Round Up By Steve Bartram

ページ 1 / 2 次へ »