登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
06 December 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ヤングの勝利への意気込み

ヤング「積極的な攻撃で必ず勝利する」
運命を左右する水曜日(7日)のバーゼル戦で、ユナイテッドは引き分けという安全策を選ぶ事は絶対に無い、とアシュリー・ヤングは断固とした姿勢を見せた。ユナイテッドはホームでのバーゼル戦では2点のリードから追い付かれ引き分けという結果に終わり、同じくオールド・トラッフォードで2週間前に行われたベンフィカ戦でも勝利を逃している。ユナイテッドがこれまで通り、ノックアウトステージへ進出する16チームに加わるには、敗北は許されない。「引き分けでも何とかなると思うのはとても危険だ」とヤングはコメント。「ユナイテッドでそんな考え方をする選手なんていない。必ず勝利してグループステージ突破を確実にする」
デイリー・エクスプレス紙

国内の多数の新聞では、2005年にチャンピオンズリーグでグループステージ敗退を経験しているダレン・フレッチャーの、勝利へ向けた固い決意のコメントが掲載された。

「ユナイテッドにはあの日の失望を経験した選手がまだ何人かいる。最後の試合で上手く行かなかった。経験から学んだ事を活かし、2度と同じ事が起こらない様にしなくてはいけない」

『デイリー・メール』では他の多数のクラブ同様に、ユナイテッドがボローニャのウルグアイ人FW、ガストン・ラミレスに注目していることが伝えられた。

多くのニュースでは、昨シーズンのダービーでウェイン・ルーニーがオーバーヘッドキックで決めたゴールが、FIFAの年間最優秀ゴール賞にノミネートされた事が報道された。

ページ 1 / 2 次へ »