登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
07 December 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:バーゼルが宣戦布告

バーゼル主将が自分達の力を軽視するユナイテッドを警告
バーゼル主将のマルコ・シュトレラーは、前回の対戦(オールド・トラッフォード)でチームに対しリスペクトの念を示さなかったユナイテッドを非難している。9月に対戦した際、バーゼルは0-2と劣勢に立たされた後、すぐに2-2の同点に追いつくと、3-2と逆転。アシュリー・ヤングが試合終了間際に同点弾を決めて3-3としたが、絶対に有利とみられたホームのユナイテッドを追い詰めた。
7日(水)のグループステージ最終節は、バーゼルの本拠地(ザンクト・ヤコブ・パルク)で行われるが、ユナイテッドがノックアウトステージに進出するためには、引き分け以上の結果が求められる。
シュトレラーは、前回の対戦でユナイテッドの目を覚まさせたとコメント。「恐怖心を持って試合に臨むことはない」とし、今回も当然勝つ気で向かうと続けた。また、「僕らはユナイテッドをリスペクトしている。ただ、前回の試合では、相手が2-0とした後に、多分チームの実力を軽視していたと思うな。チームが獲得している勝ち点を見ればわかるように、今回は最初から全力でプレーしてくるだろうけれどね」と語っている。
デイヴィッド・マクドネル記者、ミラー紙

大多数の新聞では、6日(火)にManUtd.comにアップされた、ウェイン・ルーニーに関するアレックス・ファーガソン監督のコメントが掲載された。
ルーニーはバーゼル戦に100%集中していると主張。3試合の出場停止処分に関しては、特に触れていない。ルーニーの審問会は8日(木)に行われる。

そのルーニーの処分に関わる、モンテネグロ代表のミオドラグ・ジュドビッチが、審問会で処分軽減の為に証言することになったと、『デイリースター』紙が報じた。ルーニーはジュドビッチに対してのファールを取られ、一発退場となった。ジュドビッチは、「彼のタックルで3試合の出場停止処分は行き過ぎ。もし彼がEURO2012に出場しないことになれば、観客も興醒めすることになる」と、ルーニーを擁護している。

ページ 1 / 2 次へ »