登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
14 December 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:フレッチへのサポート

フットボール界がダレン・フレッチャーをサポート
ダレン・フレッチャー
が健康上の理由から休養を延長をする事が公表されてから、多くのチームメート達が見舞いのコメントを発している。27歳のMFは潰瘍性大腸炎という慢性炎症性腸疾病を抱えており、十分に病状を回復させる為にはプレーを中断し休養を取るようアドバイスを受けている。ネマニャ・ヴィディッチも膝十字靱帯の負傷により1年間程の休養を必要としている事について、リオ・ファーディナンドは「フレッチャーとヴィディッチというビッグプレーヤーの欠場は非常に残念だ。今まで以上にフィットして戻って来ると信じている」とツイート。マイケル・オーウェンも「フレッチャーの回復を心から祈っている」とツイートしている。ユナイテッドの選手達はフレッチャーの穴を埋められるはず、と期待しているトム・クレバリーは「フレッチャーにとってもチームにとっても非常に残念なニュースだ。この時期にセントラルMFから偉大な選手がまた1人欠場となるのはとても残念」とコメント。スコットランド代表のクレイグ・レイベン監督は「アレックス・ファーガソン監督とダレンとも話したが、今の時点で最も重要なのは、回復の為に十分な休養期間をダレンに与えることだ」とコメントした。
デイリー・ミラー紙

『インディペンデント』紙では、ラグビーユニオンワールドカップ2011でイングランド主将を務めたルイス・ムーディーもフレッチャーと同じ病気を克服しており、フレチャーもこれに勇気づけられるだろうと主張。病気の事をチームメートに打ち明けるのが一番辛かった、とムーディーは自伝書に書いている。「頑なに病気の事を打ち明けずにいるのは更に辛いことだ」

フレッチャーに休養が必要と診断されたことで、1月のトランスファーウィンドウでユナイテッドがMFの獲得に積極的に乗り出すだろう噂されている。『デイリー・メール』紙ではユナイテッドがユヴェントスのミロシュ・クラシッチに注目していると報じている。クラシッチのエージェントによると、アントニオ・コンテ監督はクラシッチを放出したがっているとのこと。

ページ 1 / 2 次へ »