登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
02 January 2012 

新聞:マケーダがQPRに移籍!?

マケーダの QPR 移籍成立間近か!?
今シーズンからプレミアリーグに昇格したQPRが、2日(月)にユナイテッドのフェデリコ・マケーダをローン移籍で獲得すると伝えられた。
QPRのニール・ウォーノック監督は、攻撃陣のテコ入れとして、以前からイタリア出身の20歳に注目しているという。マケーダは今シーズン6試合に出場し、1ゴールを記録。アレックス・ファーガソン監督は、17歳からチームに所属する若きストライカーに経験が必要と判断し、期限付き移籍を容認するとみられている。
マケーダは2日にロフタス・ロード(QPR本拠地)で開催されるノリッチ戦を観戦する予定。移籍が成立した場合、デビュー戦は7日(土)に行われるFAカップのMK・ドンズ戦になると見られている。
デイリーエクスプレス紙

『デイリーメール』紙でも選手の移籍情報を掲載。同紙によれば、エヴァートンがユナイテッドのダロン・ギブソンの獲得に関心を示しているという。ギブソンがオールド・トラッフォードにとどまるかどうかは、ファーガソン監督が代わりの選手を獲得出来るかどうかにかかっていると伝えられている。

『サン』紙では、ファーガソン監督がブラックバーン戦後に残したコメントについて、処分の対象となる可能性を指摘。監督は12月31日(土)の試合後、主審のマイク・ディーンが相手に与えたPK(ブラックバーンの先制点)の判定が適切だったかどうかを疑問視した。

【関連記事】
新聞:スモーリングショック