登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
19 December 2011 

新聞:来夏ガイタン獲得の準備進む

移籍金 3000 万ポンド(約 36 億円)でユナイテッドに移籍
この8年でクリスチアーノ・ロナウド、ナーニアンデルソンダビド・デ・ヘア、そしてベベをユナイテッドへ移籍させた敏腕エージェントのジョージ・メンデスは、ユナイテッドが獲得を狙っているとされるベンフィカのアルゼンチン人MF、ニコラス・ガイタンの代理人も務めている。そのメンデスが非公式ながらも、2930万ポンド(約35億円)で、来年6月にユナイテッドへの移籍を成立させつつあると、インディペンデント紙が報じた。ベンフィカも今回の報道を否定していない。
ガイタンは今年の10月に新たに契約を延長。その中に含まれる3770万ポンド(約45億円)ともされるリリース条項が、交渉成立を難しくさせる要因となる可能性も指摘されているだけに、二転三転するケースも考えられる。
ベンフィカは経営権の一部を2009年に立ち上げられたBenfica Stars Fundという投資ファンドに売却。同ファンドは、チームに短期間の投資を行っているという。
イアン・ハーバート記者、インディペンデント紙

『テレグラフ』紙では、リヴァプールの伝説的プレーヤーであるアラン・ハンセンが、何故アレックス・ファーガソン監督が1月の移籍市場での選手獲得に乗り気ではないのかについて分析したコラムを掲載。
「私が思うに、監督は今年の8月に上々のパフォーマンスを見せた若手を信頼しているのだと思う。長い目で育てようとしているんだろう。通常であれば、選手の獲得は夏の移籍市場で行われるはずだからね」

その他の新聞では、18日(日)に2-0で勝利したQPR戦についての記事を掲載。優勝の可能性と今月の過密日程について語ったマイケル・キャリックと監督のコメントを引用している。

【関連記事】
QPR 0-2 ユナイテッド