登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
28 December 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:シティーが有望デュオ狙い

シティーの動向に戦々恐々
最大のライバルであるシティーが、ポール・ポグバ、そしてラヴェル・モリソンの獲得に関心を示していると言われている。ポグバとモリソンは昨シーズンのFAユースカップを優勝したチームのメンバーで、両者共に今シーズン終了後にユナイテッドとの契約を満了する。仮に契約延長にサインしなければ、FA選手となり、他チームへの移籍が容認されてしまう。万が一シティーが2人を獲得した場合、ユナイテッドは育成補償金を要求する権利を手にするが、チームの未来を担うであろう逸材を一度に2人も、しかもライバルチームに奪われることだけは避けたいと考えているはず。
2人は育成補償金の対象となる18歳(24歳まで)で、今シーズンはカーリングカップの試合に出場した。
リチャード・タナー記者、デイリーエクスプレス紙

『デイリーメール』紙では、ブンデスリーグのレヴァークーゼンがディミタール・ベルバトフの獲得に強い関心を寄せているという記事を掲載した。

また、AZアルクマール所属のラスムス・エルム(MF)が、来年6月にユナイテッドへ移籍するという噂がイタリアからスウェーデンに伝わっている。本人は「ユナイテッドへの移籍なんて、今はまだ現実的な話ではないよ。代理人が対応していることで、僕の耳には何も入っていない。今言えることは、今シーズン終了までアルクマールでプレーするということ。その後のことはわからない」と語っている。

そしてウィガンのロベルト・マルティネス監督は、ユナイテッドにとっての後半戦のキーマンとして、トム・クレヴァリーの存在を挙げている。『デイリースター』紙の取材に答えたマルティネス監督は、「クレヴァリーはユナイテッドにとって非常に大事な選手になると思う。彼なら間違いなくフィットするし、きっと優勝争いでも大きなインパクトを残せるだろう」とコメントした。

ページ 1 / 2 次へ »