登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
03 January 2012 

新聞:監督の引退が早まる可能性

アレックス・ファーガソン監督はユナイテッドでのキャリアについてMUTVの取材に、「あと3年は続けたい」とコメントしている。これについてリチャード・ウィリアム記者は『ガーディアン』紙の中で、ファーガソン監督が2015年までユナイテッドの指揮を執っている可能性について疑問を投げかけている。「今シーズンを終え、更に3シーズンは監督にとってもクラブにとっても長すぎるのではないか」とウィリアム記者は書いている。「私の予想では、監督は2013年の夏に引退すると考えている。それ迄にレアル・マドリーのジョゼ・モウリーニョ監督は、4カ国目でのリーグタイトル獲得、そして3度目のチャンピオンズリーグ優勝という2つの目標を達成し、イングランドのフットボール界に戻ってくる準備を整えているだろう。ファーガソン監督は後3年というデッドラインを自ら設けたとも考えられる。しかし2001年には、60歳の誕生日の2週間前に引退すると言っており、2008年にはユナイテッドの監督として70歳の誕生日を迎える事は無い、と約束していたが果たされる事は無かった。引退時期に関するコメントについて、ファーガソン監督の言葉を信じてはならない」

『サン』紙では、ドイツのブンデスリーガのボルシアMGにレンタル移籍中の10代のストライカー、ジョシュア・キングが、負傷の為わずか2試合に出場したのみでオールド・トラフォードに戻ってくるのではないかと伝えられた。

その他『サン』紙、『ミラー』紙、そして『デイリー・スター』紙では、 Inside United の最新版に掲載されたダビド・デ・ヘアのインタビューが引用されている。

【関連記事】
監督「あと3年は続けたい」