登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
02 September 2011 

主将がジョーンズを後継者に指名

若手DF起用に悩むカペッロ
飛ぶ鳥落とす勢いで成長を続けるフィル・ジョーンズに対しては、イングランド代表のファビオ・カペッロ監督も注目せざるを得ない状況となっている。2日(金)にはブルガリアとのEURO2012予選という重要な試合を控えているが、当日の朝までCBに誰を起用するのか頭を悩ませるに違いない。
大方の予想では、主将ジョン・テリーのパートナーには、経験豊富なガリー・ケーヒルが起用されるだろうが、テリーはジョーンズの潜在能力を高く評価し、将来的な後継者として期待しているという。
「彼こそ、いつか僕の役割を担う選手だと思う。近い将来必ず代表でもレギュラーを取るだろう」と、30歳のテリーはコメント。また、「彼自身も代表での定位置獲得にやる気を見せている。それが僕のポジションであれ、誰か他の選手の椅子であれ、相当ハングリーな選手だね」と続けた。
ジェイソン・バート記者、テレグラフ紙

『ガーディアン』紙では、ユナイテッド移籍後の素晴らしい活躍により、アシュリー・ヤングが代表に選出されたという記事を掲載。同様に、『インディペンデント』紙ではウェイン・ルーニーの好調ぶりを賞賛した。

【関連記事】
代表デビューを望むデュオ