登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
01 April 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ユナイテッドがヤングを狙う

ユナイテッド、ヤング獲得に約33億円を用意
ユナイテッドはアシュリー・ヤング獲得のために2500万ポンド(約33億円)を用意している。すでにアレックス・ファーガソン監督はヤングを獲得するために週給10万ポンド(約1400万円)をオファーするという。イングランド代表としてウェールズ、ガーナ戦にも出場したヤングは、アストン・ヴィラから受けた週給8万ポンド(約1100万円)という契約更新オファーを拒否している。あるイングランド代表内部の人物は「ドレッシングルームでは彼がユナイテッドから受けたオファーの話題で持ちきりだった」と明かしている。現在、ヤングはアストン・ヴィラで週給6万5000ポンド(約880万円)を受け取っている。彼にはリヴァプール、トッテナムが獲得の意思を示してきたが、ユナイテッドは最も良い条件でのオファーを武器にその獲得争いに参加した。さらに来シーズン、ユナイテッドがチャンピオンズリーグに出場することは間違いなく、それはヤングをより魅了する条件となっている。

ポール・ジギンズ記者、ミラー紙

『テレグラフ』紙はリオ・ファーディナンドは今週末にもチーム練習に復帰する見込みであると報じている。ジムで個別のトレーニングを続けてきたリオだが、彼はチームメートと共に練習することを望んでいる同紙は伝えている。

ウェストハムのアヴラム・グラント監督はユナイテッド戦で主審を務めるマーティン・アトキンソンを信頼してはいない。『インディペンデント』紙は同監督の以下の言葉を掲載している。「彼(アトキンソン主審)のジャッジによって最も損をしたチームが我々だろうね。彼が正確なジャッジをしていれば、私たちは勝ち点10を失わずにすんでいただろう」

Round Up By Nick Coppack

ページ 1 / 2 次へ »