登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
20 April 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:オーウェンが非難に反論

2005年に1600万ポンド(約21億7千万円)でニューカッスルに移籍したマイケル・オーウェンが、久々にセント・ジェイムズ・パークに立ったが、ホームファンはオーウェンを激しいブーイングで出迎えた。
ニューカッスルでは負傷が原因で満足なプレーが出来なかったオーウェンは、契約を満了後にユナイテッドに移籍。19日の試合では81分から途中出場したが、試合は0-0の引き分けに終わった。
試合後オーウェンはツイッターで、「個人的には、またあのピッチに立てて良かった。ただ、ブーイングで出迎えられたことは残念だった。何としてでもゴールを決めてやるべきだった!」とコメント。その後の書き込みでも、「ブーイングされることはわかっていたけれど、もし最初から試合結果をわかっていたら、彼等の反応も少しは違っていたかもね」と心境を綴った。
マンチェスターイブニングニュース

また『ミラー』紙ではドローとなったニューカッスル戦を「うるさい蜂に一刺しされる」と形容。『スター』紙では「ユナイテッドがトゥーン(ニューカッスルファンの別称)の勢いに弾かれる」という題の記事が掲載された。更に『サン』紙では「まさかの引き分け」と伝えられ、その他にもペナルティエリアで倒されたハビエル・エルナンデスにPKを与えなかったリー・プロバート主審の判定について報じた。

更に『テレグラフ』紙では、ディミタール・ベルバトフが今夏にユナイテッドから移籍する可能性を示唆。移籍先候補としてはユヴェントス、バイエルン、フェネルバフチェ(トルコ)とされ、移籍金の金額は1500万ポンド(約20億円)になるだろうと伝えた。

『ミラー』紙のオリヴァー・ホルト記者は、ポール・スコールズが今シーズン終了後に現役引退するべきという意見を批判。「私が思うに、スコールズがプレーする姿を見るのは特別なことで、彼が現役を引退すれば、悲しみしか生まないだろう」と主張した。

ページ 1 / 2 次へ »