登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
14 April 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:サー・ライアン誕生!?

サー・ライアン誕生??
ウェイン・ルーニーが、チャンピオンズリーグ準々決勝でチームを勝利に導く活躍をみせたライアン・ギグスに対し、ナイトの称号が与えられても良いくらいと絶賛した。
「きっと、サー・ライアンと呼ぶまでにそんなに時間はかからないんじゃないかな。天才的選手だし、これまでユナイテッドに貢献してきたこと、それに若手への模範的な見本等、ファンタスティックな人物だよ。いったいどんな食生活をすれば、彼の年齢であのパフォーマンスレベルを維持出来るのか聞いてみたい。秘訣を是非教えてもらいたいね」
ウェールズ出身のギグス(37歳)は、2007年にOBE(大英帝国勲章)を授章。今シーズンは自身通算12度目のリーグ優勝を目指し奮闘している。先日のチャンピオンズリーグ準々決勝チェルシー戦では、第1、2戦共に90分間フル出場し、チームも2試合合計3-1で準決勝進出を決めた。また、ユナイテッド史上最多となる870試合に出場する等、年齢から来る衰えは未だにピッチ上では見られていない。今週末に行われるシティーとのFAカップ準決勝でも、チームの勝利に貢献してくれるだろう。
ポール・ジギンズ記者、サン紙

各紙がユナイテッド関連の記事を多く扱っているが、『インディペンデント』紙では、ハビエル・エルナンデスについて、「100年に1人の逸材」として紹介。エルナンデスはチェルシーとの第2戦でもゴールを決めた。

『デイリースター』紙は、リオ・ファーディナンドのインタビューを掲載。「俺達は頻繁に負けないが、それは、何があっても絶対に諦めずに戦う姿勢を持っているから。これまで俺がプレーしてきたチームで優勝出来るだけの実力があったチームは、皆同じ様な気構えで試合に臨んでいた。今シーズンのチームも、強いメンタルを持っている」

また、アトレティコ・マドリーGKのダビド・デ・ヘアに関する噂も継続して報道され、『メール』紙では、ユナイテッドがアトレティコと既に交渉を終え、5年契約でデ・ヘアを獲得したと伝えられた。だが、両チームはこの動きに関して一切コメントを出していない。

ページ 1 / 2 次へ »