登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
15 September 2010 

新聞:バレンシアが今季絶望の大けが

バレンシアは今シーズン絶望の見込み
アントニオ・バレンシアが14日に行われたチャンピオンズリーグのレンジャーズ戦(0-0の引き分け)で脚を骨折し、今シーズンのプレーが絶望的となった。テレビ中継は、レンジャーズのDFカーク・ブロードフットとの接触シーンがあまりに残酷だったため、リプレイを流すのを止めたほどだった。バレンシアは立ち上がれず、担架で運び出された。写真では足首が異常な方向に曲がっている様子が確認できる。
ダニエル・テイラー記者、ガーディアン紙

ガーディアン紙はまた、ダレン・フレッチャーのチームへの貢献度を高く評価した。

『ミラー』紙は、リオ・ファーディナンドの故障からの回復具合は、ほとんど攻めて来なかったレンジャーズとの試合では推し量ることができず、オールドハムとのリザーブのゲームの方が参考になったと報じた。

『デイリー・テレグラフ』紙によると、リヴァプールのFWフェルナンド・トーレスが、週末のリーグ戦でユナイテッドを倒すことは、「ファンにとって大きな意味がある」と述べたという。

Round up by Ben Hibbs

【関連記事】
バレンシア、今季絶望か
監督、レンジャーズの堅守に脱帽