登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
01 October 2010 

新聞:ギグスがルーニーを擁護

ギグスがキーガンに反論
ライアン・ギグスがケヴィン・キーガンから批判されたウェイン・ルーニーを擁護した。キーガンはESPNのインタビュー内で、私生活について報じられたルーニーを「私生活をマスコミにさらけ出すような、だらしない振る舞いはするべきじゃない」と非難していた。これに対してギグスは「ウェインは好き好んで自分のプライベートをさらけ出しているわけじゃない。彼には多くのマスコミがつきまとい、ゴシップ紙の表紙を飾るようなニュースを探し回っているんだ。10年前とはサッカー選手を取り巻く環境が大きく変わっている。そんな中で過ごしているウェインのことを理解しようとする姿勢が必要じゃないかな」
ダニエル・テイラー記者,ガーディアン紙

アレックス・ファーガソン監督はルーニーの離脱期間について2、3週間になるという見解を示していた。しかし、サンダーランドのスティーヴ・ブルース監督は、もしかしたらルーニーが早期復帰するかもしれないと考えており、『サン』紙に「本当にルーニーが3週間の離脱なのかはわからない。ファーガソン監督は敵を欺こうとしているのかもしれないよ」と語った。

『ミラー』紙はギグスの欠場中にハビエル・エルナンデスがチャンスをつかむと予想している。バレンシア戦で決勝ゴールを挙げたメキシコ人ストライカーは、第2のオーレ・グンナー・スールシャールとなる可能性を秘めていると報じた。

Round up by Daniel Etchells

【関連記事】
ルーニーとギグスが負傷
監督がエルナンデスを絶賛