登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
10 September 2010 

新聞:ルーニー、古巣相手に意欲

ルーニー、ブーイング覚悟でエヴァートン戦へ
私生活に関して報道され、アレックス・ファーガソン監督を心配させたウェイン・ルーニーだが、エヴァートン戦に向けて明確な意思表示を行った。イングランド代表に招集されている期間中に、自身の私生活に関する報道が行われたルーニーは昨日、ユナイテッドの練習に参加した際にファーガソン監督と話し合いの時間を設けた。その結果、ルーニーはエヴァートン戦に出場するため、グディソン・パークへ遠征することが決まった。ユナイテッドも「ウェインは万全の状態で試合に出場する」と公式声明を発している。
リチャード・ターナー記者、エクスプレス紙

リオ・ファーディナンドはイングランドサッカーの構造についてある批判を『サン』紙の独占インタビュー内で行っている。それはチャンピオンシップ(2部リーグに相当)以下でプレーするアカデミーの若い選手たちの尊大な振る舞いが至る所に見受けられるということ。リオは例えば先輩のスパイクを磨くことなどで、元々イングランドサッカーにあった友情と尊敬の感情が戻ってくるという考えを明かしている。

『デイリー・スター』紙では、ウェールズ代表指揮官を退いたジョン・トシャック監督の見解を掲載している。トシャック監督は、ウェールズ・サッカー協会が後継者候補に挙げているライアン・ギグスは、監督としての経験が不足していると警鐘を鳴らしている。

Round up by Mark Froggatt

【関連記事】

新聞:ギグスが代表監督を兼任?