登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
21 September 2010 

新聞:夏の特別練習で蘇ったベルバ

真価を発揮し始めたベルバトフ
入団から2シーズンに渡って満足のいく活躍ができなかったディミタール・ベルバトフが、どのようにこの夏を過ごしたのか、彼自身が語っている。「昨シーズンまでは自分自身のパフォーマンスにがっかりしていたし、サポーターの皆にも申し訳ないと思っていた。自分は蚊帳の外にいるような気がしていたよ。でも今は違う。ピッチでは思い通りのプレーができているし、全てが上手くいっている。実は夏のバカンス中に、ベストコンディションを維持するため、毎日10kmのランニングを欠かさなかった。ワールドカップを1試合見たら走りに行く。この夏はそれを繰り返したんだよ」
ニール・カスティス記者、ザ・サン紙

リヴァプール戦でベルバトフが披露したパフォーマンスは19度目のリーグタイトル獲得の可能性を感じさせる。『デイリー・テレグラフ』紙はネマニャ・ヴィディッチの以下のような言葉を掲載している。「もしもベルバがこの調子をキープしてくれれば、僕らはよりリーグ優勝に近づけるだろう」

『テレグラフ』紙のヘンリー・ウィンター記者が、ナーニに「簡単に倒れるな」と警告した。「彼はリヴァプール戦で、ポール・コンチェスキーにひじ打ちを食らったと言っては倒れ、ダニエル・アッゲルと接触したと言っては倒れ、その度に相手からは抗議を、ホームのファンからはため息を浴びせられていた。ナーニはシミュレーションなどに頼る必要はない」

Round up by Adam Bostock

【関連記事】
監督、ベルバトフの大活躍に満足