登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
09 September 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:リオ「主将はオレだ」

リオ「イングランド代表キャプテンはオレ」
リオ・ファーディナンドは、自分がイングランド代表に復帰すればキャプテンバンドもスティーヴン・ジェラードから戻って来るはずだと主張した。しかし、ファビオ・カペッロ監督は、ここにきてそれを認めようとしなくなった。ジェラードはワールドカップでのキャプテンシーを評価され、EURO 2012予選でも引き続き主将としてチームを牽引。イングランドは2戦2勝としている。しかし、主将の座に再び就けるのかと聞かれると、ファーディナンドはこう答えた。「カペッロは少し前にそう言っていたと思うよ。前回チームが集まった時、彼はそう答えたはずだ」。確かにカペッロ監督は、ハンガリーと対戦した先月の親善試合でジェラードの2得点により2-1の勝利を収めた後、こう明言していた。「リオがキャプテンで、ジェラードは副キャプテンだ。リオの状態が良くなれば、そして間もなくそうなるように願っているが、彼がキャプテンになる」
ニール・カスティス記者、サン紙

フィル・ジェギエルカは、エヴァートンのホームで行われる11日の試合でウェイン・ルーニーが古巣のファンから受けるであろう待遇について、各紙で次のようにコメントした。「彼はいつも、どのみち激しいブーイングを受けている。それが変わるとは思えないね」

ガリー・ネヴィルは、今年4月末の時点ではユナイテッドでのキャリアはシーズン末までと考えていたと、『デイリー・メール』紙などに認めた。「ある朝、練習中にふと思ったんだ。このクラブでは残り3試合だってね」。しかし、好調を維持したキャプテンは、1年間の契約延長を勝ち取った。

Round up by Mark Froggatt

ページ 1 / 2 次へ »