登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
08 September 2010 

新聞:ギグスが代表監督を兼任?

ウェールズ、ギグスに監督就任のオファーを検討
ウェールズ代表を6年間指揮したジョン・トシャック監督は明日、退陣することを発表する予定。それに伴い、ウェールズ・サッカー協会とトシャック監督が新任候補に挙げているのがライアン・ギグスだ。しかし、36歳となってもなお輝きを失わず、ユナイテッドで絶大な存在感を発揮し、ファーガソン監督からも「絶頂期」と称されるギグスは、今後数年間も現役選手としてプレーする可能性が高い。そんなギグスが二足のわらじを履く意思があるのか、ウェールズ協会は模索中だ。ギグスは3年前に代表から引退し、コーチライセンスを取得しているが、最終決定を下すのはファーガソン監督になるだろう。
スチュアート・ジェイムズ記者、ガーディアン紙

『デイリーメール』紙は、ウェイン・ルーニーが私生活に関する報道に対し、プレーで返答したと報じた。ルーニーはイングランド代表の一員としてスイスとのユーロ予選で3-1の快勝に貢献した。

『サン』紙には、ダニー・ウェルベックを称賛するU-21イングランド代表のスチュアート・ピアース監督のコメントが掲載された。現在、サンダーランドにレンタル移籍中のウェルベックは、U-21のリトアニア戦で2ゴール1アシストの活躍を見せた。

Round up by Mark Froggatt

【注目記事】
新聞:ギグスが代表監督に?