登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
24 September 2010 

新聞:優勝争いは3強

優勝争いは3強
プレミアリーグの優勝争いは、ユナイテッド、チェルシー、アーセナルの3強にマンチェスター・シティーが絡んでくるとアレックス・ファーガソン監督は見ている。 好スタートを切った首位チェルシーについて、ファーガソン監督は冗談交じりにこう語っている。「チェルシーの開幕5戦の相手はウェスト・ブロム、ウィガン、ストーク、ウェストハム、ブラックプールと簡単な試合だったじゃないか。今のチェルシーは、多くのゴールを奪って勝利を積み重ねていた、昨シーズン終盤からの好調を維持している。弱いチームに対してどれだけ勝ち点を取りこぼさないかがタイトル獲得のために必要なことだ。ここまでチェルシーはそれをしっかりできているし、アーセナルもそうだ。シーズンを通じて彼らは優勝争いのライバルとなるだろう。マンチェスター・シティーは最高のスタートという訳にはいかなかったが、チームのポテンシャルから言えば、上位に位置してくる力を持っている」
デイヴィッド・マクドネル記者、デイリー・ミラー紙

『ミラー』紙は、ユナイテッドとチェルシーがオランダ代表MFウェスレイ・スネイデルの獲得を争うだろうと報じている。

またアラン・スミスは、自身も経験した足首骨折の重傷を負ったアントニオ・バレンシアを気遣うコメントを発している。「バレンシアが負傷前と同じレベルのプレーを取り戻せることを祈っている。地道で苦しいリハビリが待っているが、それを乗り越えて帰って来て欲しい」

Round up by S Bartram, D Etchells

【関連記事】
チェルシーが再び大勝