登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
07 October 2010 

新聞:決定機を逃すな

ファーガソン監督、決定力を要求
ここまでアウェーゲームで勝利できず、首位チェルシーに勝ち点5差をつけられているユナイテッド。アレックス・ファーガソン監督はこのような失敗を繰り返さないために、手にしたチャンスで確実にゴールを奪う決定力を求めている。「ここまでチームは試合を決めるチャンスを逃してきている。エヴァートン戦がその典型だ。3-1とリードし、さらにゴールを奪うチャンスがあったのに、それを逸したことで終了間際の有り得ない同点劇を許してしまった。ユナイテッドの選手たちの能力を疑っていない。彼らなら手にしたチャンスをきっちりとゴールに結びつけられるはずだ。それを取り戻せば、我々は何の問題もなくリーグタイトルを争うことができるだろう」
スタッフリポーター、デイリー・メール紙

ファーガソン監督また、クラブの公式マガジン『インサイド・ユナイテッド』誌中で、ウィガンにレンタル移籍中のトム・クレヴァリーを1月にも呼び戻す可能性があると語った。一方『サン』紙は、シェフィールド・ユナイテッドにレンタル移籍しているリッチー・デ・レートの4週間のレンタル期間を延長することを希望していると報じた。

『デイリー・メール』紙は、フェデリコ・マケーダがラツィオにレンタルで復帰する意思がないことを報じている。マケーダは以下のように語っている。「1月にラツィオへ移籍? そんなことは考えていない。監督からは移籍リストに入っていないと言われているし、それを聞いて僕自身も嬉しく思っているところさ」

Round up by Steve Bartram

【関連記事】
クレヴァリーは未来のスター