登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
20 October 2010 

新聞:監督としての決断

ルーニーに毅然とした態度を示した監督
ユナイテッドの監督を24年間にわたって務めてきたアレックス・ファーガソン監督は、常にクラブのことを優先してきた。ウェイン・ルーニーに関する一件でも、ファーガソン監督はクラブ、そしてサポーターのことを第一に考えて行動している。ルーニーによる退団を示唆する言葉は、ファーガソン監督が守るべき者たちにとって決して有益ものではなかったはずだからだ。ルーニーが契約延長を拒否していることを明かすことをファーガソン監督は望んでいなかっただろう。しかしながら、指揮官はこのような時にいかに振舞うべきか、何を最優先に守らなければいけないかを、これまでの経験から理解している。多くのスター選手を指導し、守り、そしていつかは手放してきたが、それは全てクラブとサポーターたちのためであった。今回、ファーガソン監督が選んだ行動は、ルーニーを目覚めさせる唯一の方法であるかもしれない。しかし、それは簡単ではない。24歳のストライカーに対し、ファーガソン監督はユナイテッドの一員であるにはどうあるべきかを伝えようとしたのだろう。ルーニーについて語った時のファーガソン監督は沈痛な面持ちだった。そこにはクラブを健全に保つためにはルーニーという愛弟子に対して厳しい処置を取らざるを得ないことの苦しみが表れていた。
ポール・ハワード記者、ガーディアン紙

その他の新聞報道として、『テレグラフ』紙は「もしルーニーがユナイテッドを去ることになれば、ユナイテッドは(フェルナンド・)トーレスの獲得を検討するかもしれない」と伝えた。また『ミラー』紙は、ユナイテッドとマンチェスター・シティーが「サンダーランドのジョーダン・ヘンダーソンを移籍金1500万ポンド(約19億3000万円)程度」で狙うだろうと報じてた。

Round up by Adam Bostock

【関連記事】
監督「ルーニーが移籍を希望」