登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
06 October 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ベラミー獲得に動いた?

ベラミー獲得にユナイテッドが動いた?
マンチェスター・シティーのウェールズ代表FWクレイグ・ベラミーが、今夏にユナイテッドから獲得の打診があったことをほのめかした。ロベルト・マンチーニ監督の構想外となったベラミーは現在、カーディフにレンタル移籍中。夏の移籍市場では、トッテナムがベラミー獲得を狙ったものの、シティーは上位のライバルになる可能性があるチームへの移籍を許可しなかった。しかし31歳のストライカーは、トッテナム以外からもオファーがあったと語った。「実際、トッテナムよりもビッグなクラブからオファーがあったんだ。もし自分がそれを受けていたら、マンチェスターでの生活はかなり難しくなっていただろう。奇跡のようなオファーだったよ。シティーに移籍を要求すべきか、いろいろ悩んだ。結局、そのビッグクラブからのオファーを受けたシティーがパニックとなり、自分を無理矢理カーディフにレンタル移籍させたんだ」
ディーン・スコッギンス記者,サン紙

今夏のワールドカップで失望を味わったイングランド代表が強さを取り戻すには、ユナイテッドを含めたプレミアリーグのトップクラブでイングランド人プレーヤーがレギュラーとして活躍する必要があるとトレヴァー・ブルッキングが主張した。ただしイングランド・サッカー協会で育成部門の役員を務めるブルッキングは、代表の将来についてポジティブに考えており、2018年のW杯招致の成功がカギを握っていると『デイリー・メール』紙に述べた。「W杯招致に成功すれば、(イングランドの若手選手が)大きく飛躍するのではないかと思っている。だがそのためには、彼らがトップレベルでプレーできるような環境を整えることが重要だ。したがって、12月にイングランドでのW杯開催が決定すれば、そのことを本気で考えなければならない。イングランドには優秀な若手が揃っており、強いチームを形成できる可能性があるわけだからね」

Round up by Mark Froggatt

ページ 1 / 2 次へ »