登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
29 November 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:終わらないGK探し

ファン・デル・サール引退後の構想は?
今シーズンで現役を引退すると見られているGKエドウィン・ファン・デル・サールの穴を埋めるため、アレックス・ファーガソン監督は先日契約に合意したばかりのアンデルス・リンデガールに加えて、更なるGKを迎える準備を進めていることを明かした。デンマーク人ナンバーワンGKとの呼び声が高いアーレサンズのGKリンデガールは27日、移籍金350万ポンド(約4億5920万円)でユナイテッドへの加入が決定したばかりだが、『スポーツメール』紙によると、ユナイテッドは冬の移籍市場で更なるGKの補強を考えているという。ファーガソン監督は『ピープル』紙に対して、「エドウィンは今シーズンで引退することになる」と認めている。「ピーター・シルトンがそうであったように、40才になってGKを続けていくことは残念ながら相当難しいことだ。シルトンも40才を境に衰えが見られ始めた。エドウィンはそうなってしまう前に現役から退きたいと考えている」。リヴァプールのGKペペ・レイナを狙う線もあり得るが、スペインU21代表でアトレティコ・マドリーの若手GKダビド・デ・ヘアへのオファーについても注目が集まる。ファーガソン監督は「GKの問題について、クラブとしての最終的な答えはまだ出ていない。エドウィンの経験と実力は何物にも変え難い。素晴らしいGKの穴を埋めるだけの人材はそうそう見つかるものではないよ」
デイリー・メール紙、ウェブサイトから

『ガーディアン』紙は、FAカップでユナイテッドとの対戦が決まったリヴァプールのロイ・ホジソン監督のコメントを掲載している。「プレミアリーグの上位チームであるユナイテッドと我々リヴァプールが顔を合わせることになったのは残念だ」と語っている。

ディミタール・ベルバトフは、ブラックバーン戦での怒涛のゴールラッシュはウェイン・ルーニーのおかげであると語った。『サン』紙は「ルーニーとは、お互いの動きが手に取るように分かる」とのベルバトフのコメントを掲載している。

ページ 1 / 2 次へ »