登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
03 November 2010 

新聞:勝利の代償は大きい?

スター選手たちが負傷
ブルサスポルに勝利し、チャンピオンズリーグ・グループリーグ突破に大きく近づいたユナイテッド。しかし、この試合で負傷したダレン・フレッチャーナーニは週末のウルヴス戦を欠場する見込みだ。それどころか、10日のマンチェスター・ダービーも危うくなっている。先制ゴールを挙げたフレッチャーは足首を、ナーニは股関節をそれぞれ痛めてしまった。アレックス・ファーガソン監督も「ナーニはほぼ確実に、フレッチャーも恐らく週末のリーグ戦には出場できないだろう」と語った。ブルサスポル戦はユナイテッドにとっては大きな代償を支払う一戦だったが、一方ではガブリエル・オベルタン、ベベが鮮烈なゴールを決めるなど、穴を埋める選手がいることも示した。
ニール・カスティス記者、サン紙

3-0と勝利したブルサスポル戦で先発出場し、ゴールを奪ったオベルタンとベベを『デイリー・ミラー』紙、『デイリー・メイル』紙は揃って称賛した。

また『インディペンデント』紙は、ユナイテッドがオーレ・グンナー・スールシャールの故郷ノルウェーと強固な関係を築きつつあると報じている。同紙は以下のような見解を示している。「ノルウェーのモルデからマメ・ビラム・ディウフを獲得するなど、ユナイテッドがノルウェーと強い繋がりを築きつつあることは、いつの日かスールシャールがオールド・トラッフォードで指揮を執ることを示唆している」

Round up by Adam Bostock

【関連記事】
チャンスに意欲燃やすオベルタン