登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
19 May 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:積極補強には動かず

ファーガソン監督、積極補強には動かず
プレミアリーグとチャンピオンズリーグの王座を取り戻すべく、積極補強に乗り出すと思われていたユナイテッドだが、アレックス・ファーガソン監督は今夏に獲得する新戦力が一人にとどまる可能性を示唆した。ユナイテッドはすでに、グアダラハラからメキシコの新星ハビエル・エルナンデスを、フラムからDFクリス・スモーリングをそれぞれ獲得。最高経営責任者デイヴィッド・ギルにもさらなる支出の了承を得ているが、7月の北米遠征をプロモートしたニューヨークでの記者会見で、ギルと同席した監督が現有戦力に満足していると語った。「現時点の移籍市場では簡単に動けない。現在のチームは、年齢やバランス、人数の面で理想的な体制が整い、才能豊かな若手もそろっている。ここ数年に成長したチームを信頼することも必要だし、このメンバーを中心に来季を迎えるつもりだ。新たにもう一人獲得する可能性があり、いい選手を迎えたいが、現状の雲行きでは難しいだろう」
マット・パーカー記者、ザ・サン紙

デイリー・エクスプレス』紙は、バルセロナウェイン・ルーニーの獲得に8000万ポンド(約109億円)を用意しているとの憶測を掲載した。

一方、『ザ・サン』紙は、ユナイテッドでメンバー落ちしたオーウェン・ハーグリーヴスが、ファーガソン監督に直談判を求めていると報じた。ワールドカップに向けたイングランド代表入りを逃したハーグリーヴスは、今シーズン最終節のストーク戦でベンチ外になったことが分かると、試合開始50分前にオールド・トラッフォードから立ち去ったと記されている。

さらに各紙は、ユナイテッドがバーミンガムへ放出したベン・フォスターについて、「イングランド最高のGKになれる逸材」と惜しむファーガソン監督のコメントを掲載した。

ページ 1 / 2 次へ »