登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
11 May 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:さようなら、エヴラ?

エヴラがユナイテッド退団へ
パトリス・エヴラが今夏限りでユナイテッドを退団する見込みとなり、レアル・マドリーとインテル・ミラノが1800万ポンド(約24億6000万円)を用意した。この28歳のフランス代表DFは新たな挑戦を求めており、元ユナイテッドの旧友クリスチアーノ・ロナウドがレアルに獲得を進言した。4年半前にモナコから700万ポンド(約9億5000万円)で加入して以来、エヴラは世界屈指の左サイドバックとして評価を確立。週給8万ポンド(約1100万円)の現契約は2年間残っているが、契約満了まで1年となり、評価価値が急落する来夏を前に放出すれば、ユナイテッドは大きな収入を得ることになる。
アナトニー・カストリナキス記者、ザ・サン紙

イングランド代表候補の話題が各紙の紙面をにぎわせている。『テレグラフ』紙は、ファビオ・カペッロ監督が「オーウェン・ハーグリーヴスを招集する」と予想。ただしハーグリーヴスは、2008年9月以降、トップチームでの出場時間が1分にも満たない。

『デイリー・メール』紙では、ライアン・ギグスが2009-10シーズンのユナイテッドを振り返った。「今シーズンのように来シーズンもウェイン(ルーニー)に頼るようではいけない。チームの得点数は昨シーズンを上回ったが、他のポジションの選手がもっとゴールを奪うようにならなければ」

移籍関連の報道では、『ザ・サン』紙がユナイテッドはレアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマに改めて興味を抱いていると主張。しかし『デイリー・メール』紙は、ユナイテッドが同じマドリーのゴンサロ・イグアインの獲得に乗り出すと報じた。

Round up by Nick Coppack

ページ 1 / 2 次へ »