登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
25 March 2010 

新聞:ルーニーの脅威

ルーニーを恐れるバイエルン
ベッケンバウアーは、ドイツの巨人がウェイン・ルーニーに怯えていると考えているようだ。ルーニーがユナイテッドで見せているパフォーマンスは、来週の火曜日(30日)に(チャンピオンズリーグで)対戦するバイエルンにとっての凶報を意味すると、64歳となったドイツのレジェンドは考えている。ベッケンバウアーは次のように述べた。「彼はマンチェスター・ユナイテッドのために素晴らしい仕事をしている。チャンピオンズリーグの準々決勝でユナイテッドと対戦する我々が、彼を恐れていることは事実だ。彼はかつてないほどの輝きを放っている。イングランドのリーグやその他の大会で、33点ものゴールを挙げるのは、簡単なことではない。彼は自身のプレースタイルを変え、24歳ながら円熟味も出てきた。最前線でプレーする彼のマークは、DFにとって非常に難しいことなんだ。また、彼は左右どちらの足でも、素晴らしいクロスを上げることができる。長いこと彼を見ているが、今以上のパフォーマンスを披露している彼を見たことがない」
― ポール・ブラウン記者、デイリー・スター紙

ユナイテッドが勝利を収めたリヴァプール戦後の報道によれば、ルーニーはやっかいなひざの問題と戦っているようだ。インディペンデント紙は、日曜日の試合以降、ルーニーは練習に参加していないと主張している。

同じくひざに問題を抱えているもう1人の選手は、オーウェン・ハーグリーヴスだ。デイリー・スター紙は、練習や試合を乗り切るために鎮痛剤を打つ必要があるという、イングランド人MFのコメントを引用している。「僕は痛みがなくなったとは言っていない。痛みを和らげるため、鎮痛剤を打つこともあるんだ」

Round up by Gemma Thompson


【関連記事】
ハーグリーヴスが練習に参加
ボルトン戦のメンバー変更を予想
ボルトン戦プレビュー

ボルトン戦への応援メッセージを書き込もう!