登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
15 March 2010 

新聞:レアルはルーニーに夢中

レアルがルーニーの獲得を目指す
レアル・マドリーはなぜ、ウェイン・ルーニーと契約を交わすことに「夢中」なのか。ルーニーは、ユナイテッドが3-0で勝利したフルアムとの試合でその答えを示した。ルーニーはフルアム戦で2得点を記録。今シーズンのゴール数を32とし、チームはプレミアリーグの首位に浮上。 そして、レアル・マドリーの元会長であるラモン・カルデロンは、スペインの巨人が、クリスチアーノ・ロナウドの元チームメートに「固執」しているとの見解を示した。

カルデロンは次のように語った。「ルーニーの獲得は強迫観念のように思える。場合によっては、資金が重要になるだろう。相手が望む金額を提示できれば、交渉の席につけるかもしれない。レアル・マドリーが1億ユーロ(約124億円)もの資金を再び捻出できるかどうかは分からないがね。しかし、それほどの金額を提示されたのなら、ユナイテッドも彼を放出するしかないだろう」。レアル・マドリーの現会長であるフロレンティーノ・ペレスは、ルーニーの驚異的な得点力に唖然としている。
― ニール・カスティス、ザ・サン紙

クリスチアーノ・ロナウドが記録したシーズン42得点という数字に近づいたことで、試合後の各紙の見出しは、ルーニー一色となった。デイリー・メール紙は、アレックス・ファーガソン監督のコメントを引用している。「私は少し前に、それは不可能だと言った。しかし、ルーニーはすでに32得点を記録している。何も言えないよ。これは彼の挑戦だ」

14日の試合で今シーズン絶望となる負傷を負った元ユナイテッドのデイヴィッド・ベッカムに向けた、かつてのチームメートからの激励のコメントが掲載されている。アンディ・コールは、ザ・サン紙に対して次のように語った。「デイヴィッドにとって衝撃的な知らせだ。彼の心はすでに、4度目のワールドカップに向けられていたからね。だけど、彼ならけがを乗り越えて戻ってくるだろう。引退を決意するとは思わない」

【注目記事】
ユナイテッド3-0フルアム詳細リポート
ギグスの復帰が近付く

Round up by Adam Bostock