登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
02 March 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ネヴィルの去就

ネヴィルの決断はシーズン後
ガリー・ネヴィルは、今シーズンが終わるまで自身の去就を考えないつもりのようだ。35歳のネヴィルは、今年の夏にユナイテッドとの契約が切れる。だが、彼の去就を探る手がかりは今のところない。ここ3シーズンにおいて、ネヴィルはけがとの戦いが続いている。それだけに、ネヴィルはユナイテッドとの契約を延長するかどうかの前に、今後、自分自身が安定したパフォーマンスを発揮し続けることができるのかという点について考えているようだ。ただ、この9日間でネヴィルは3試合に出場しており、2月28日に行われたカーリングカップ決勝のアストン・ヴィラ戦では好プレーを見せている。ネヴィルは、契約の問題がプレーに影響しないように心掛けているようだ。「僕にとって1番良い選択を、自分自身で決めなければいけない」とネヴィルは語った。「クラブと話すことは重要だよ。でも、監督とも話し合わなければいけないね。ただ、去就については全く考えていないんだ。今は、シーズンの残り2ヶ月に集中して臨みたい。考えるのはそれからだよ。僕には僕自身の考えがある。でも、今はサッカーに集中したいんだ」
― スタッフリポーター、デイリー・メール紙

一方、ザ・サン紙では、ユナイテッドが、優秀な若手選手であるアルゼンチン人のアンヘル・ディ・マリアの獲得に前進したと報じた。ベンフィカに所属するディ・マリアは、ユナイテッドのスカウトが視察に訪れたレイションエス戦でハットトリックを達成し、4-0の勝利に貢献している。アレックス・ファーガソン監督は、この優秀なウイングに、3600万ポンド(約47億8000万円)を用意することになるとのことだ。ディ・マリアにはユナイテッドの他、チェルシーやレアル・マドリー、マンチェスター・シティー、バルセローナ、そしてユヴェントスが興味を示している。

この他には、ウェイン・ルーニーが、今後より多くのゴールを挙げるために、アントニオ・バレンシアの力が必要だと語った記事が掲載されている。ルーニーは「ここ数ヶ月の間、バレンシアは才能ある選手だということを証明している。ペナルティエリアに質の高いボールを供給してくれているんだ。自分のタイミングで動き出すことができるよ」と語っている。また、元イングランド代表FWのイラン・ライトが、マイケル・オーウェンはワールドカップに出場するべきだと語ったコメントが紙面を賑わせている。

【注目記事】

Round up by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ »