登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
16 March 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:噂をギルが一蹴

金銭トラブルはないと主張するギル
ユナイテッドの最高経営責任者であるデイヴィッド・ギルは、投資家グループであるレッド・ナイツが、ユナイテッドを買収するという噂を否定した。15日、ギルはユナイテッドにとって、この1週間で2つ目の大きなスポンサー獲得となったトルコ航空とのパートナーシップを発表した後、クラブ運営についての新たな声明を出した。「周囲の人々は、ユナイテッドが財政的な問題を抱えていることを前提にしている」とギルは語った。「それは正しい状況ではない。我々は非常に良い状態だし、今後に向けた明確なビジネス戦略がある」
― ロビン・スコット・エリオット記者、インディペンデント紙

この他、ウェイン・ルーニーを称賛するパク・チソンコメントが各紙で引用されている。

また、ナーニはユナイテッドで自身の成長を感じ、満足しているという記事が掲載されている。ナーニは「ユナイテッドは選手を成長させるのが上手なクラブだ。選手としても人間としても成長できる」と語っている。「2、3カ月前から、僕は強くなったと感じている。とてもうれしいよ」

一方、ザ・テレグラフ紙では、ユナイテッドの伝説的選手であるボビー・チャールトンが、アキレス腱を断裂したミラン所属の元ユナイテッド選手であるデイヴィッド・ベッカムについて語った記事が紙面を飾っている。記事の中でチャールトンは、ベッカムの負傷に落胆していたものの、これでベッカムの現役生活が終わり告げるのならば、オールド・トラッフォードで別れを言う機会があって良かったと語っている。

最後にマンチェスター・イヴニングニュースでは、21日に行われるリヴァプール戦で、ライアン・ギグスが復帰するかもしれないと報じた。また、アカデミーの監督を務めるオーレ・グンナー・スールシャールの進言によって、ユナイテッドはストックポートのユースチームでキャプテンを務めているセンターバックのサム・バーンズの獲得に興味を見せていることもあわせて報じている。

ページ 1 / 2 次へ »