登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
26 March 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:コイルの見解

アレックス・ファーガソン監督を称賛する敵将
ボルトンの指揮官であるオーウェン・コイル監督は、マンチェスター・ユナイテッドが世代交代を進めていく上で、ファーガソン監督の力が必要になると語った。また、ファーガソン監督やベテラン選手がチームを去る時期が迫り来る中、ユナイテッドは再びタイトルを獲得するとの見解を示している。さらにコイル監督は、ユナイテッドのベテラン選手たちは、まだ現役としてプレーし、チームに貢献してくれるだろうと語る一方、ポール・スコールズやライアン・ギグスが引退しても、ファーガソン監督は彼らの代わりとなる選手を見つける方法を知っているとも主張した。コイル監督は、25歳年上であるファーガソン監督の、長年に渡りチームを指揮する手腕を評価している。コイル監督は以下のように語った。「ファーガソン監督はチームを作り続けている。数え切れないほどの優秀な選手を手放しては、その穴を埋めてきた。彼は世界でも最高の監督だと思う。彼の成し遂げてきたことに勝るものはない。彼のようなチーム編成ができる人間はいないだろう。ギグスとスコールズはチームに大きな貢献をしてくれる選手だ。そのため、代えるという決断は難しい。だが、ファーガソン監督ならば、これまでと同様、代わりの選手を見つけるだろう」
― アラン・ニクソン記者、ザ・ミラー紙

ひざを負傷したと報じられていたウェイン・ルーニーの状態が心配されている中、デイリー・テレグラフ紙は、ファーガソン監督が頭脳戦を展開している可能性を報じた。

他紙では、ファーストチームの練習にオーウェン・ハーグリーヴスが合流したという、ManUtd.jpの独占報道が紙面を飾っている。

Round up by Matt Nichols

ページ 1 / 2 次へ »