登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
30 March 2010 

新聞:ファン・ハールが警告

警告するファン・ハール監督
ルイ・ファン・ハール監督は、1999年に倒したバイエルンよりも今のバイエルンの方が強いと主張し、ユナイテッドに対して警告を発している。さらに彼は、アレックス・ファーガソン監督に対して、ウェイン・ルーニーを恐れていないと語る。ユナイテッドがチャンピオンズリーグ決勝で劇的な大逆転勝利を遂げた11年前、ファン・ハールはバルセローナの監督を務めていた。ファン・ハール監督は当時を振り返って以下のように語った。「素晴らしい記憶であることはわかっている。私も当時、カンプ・ノウにいたからね。信じられない出来事だったことは、今でも覚えている。本当に楽しい試合だった。でも、私は恐れていない。それは、選手たちも同じだ。例えば、私はルーニーのことを素晴らしい選手と評価している。彼はスーパーな選手だ。若かった頃、彼に視野の広さがあるかどうか私は懐疑的だった。しかし、今はそれを身につけた。90分を通じて彼にずっとマークをつけておくのは、本当に難しい。だが、我々にも優れた選手が何人かいる。だから、目標を達成することができるだろう。ファーガソンと彼の選手たちは、我々を恐れなければならない」
― マット・パーカー記者、ザ・サン紙

バイエルンとユナイテッドの試合を30日に控え、新聞各紙はこの話題を一番に取り上げている。ファーガソン監督が試合を前に余裕の表情を見せる中、ファン・ハール監督は29日に実施された記者会見で、ユナイテッド有利と伝えられる情勢にジェラシーを感じていると言う。ザ・ガーディアン紙のケヴィン・マッカラ記者は、負傷者が続出する状況の中でチームを上手くローテーションさせているファーガソン監督の手腕を高く評価している。

ドイツ人ジャーナリストのヨルク・アルソフ記者はデイリー・メール紙の取材に対し、フランク・リベリーが単なる1人の選手ではないと話す。リベリーが、ユナイテッドにおけるルーニーのような存在であると彼は強調した。

またユナイテッドが、アトレティコ・マドリーのダビド・デ・ヘアの獲得に興味を示していると伝えている。さらに、ルーニーが自身のストレスのはけ口として、サンドバッグを使用しているとのゴシップが報じられた。

Round up by James Tuck